アナログからデジタルへ

私的オーディオ雑感

PCオーディオとか、ネットワークスピーカーややファイルメディアとか、デジタル技術がいっそうオーディオを刺激的な楽しみに進めていますね。

耳に届くまでの音が、PC系の大規模な記録メディアに記憶格納されて、そのデータをアナログ信号に変換、増幅され、スピーカーで電気信号から音声に変換されて・・・というこの経路。

その昔のオーディオと変わったところ、変わっていない部分といろいろあるようですが。

この技術の変化、アナログからデジタルへ、が決定的変化かなぁとごく当たり前なことをあらためて感じます。

デジタル化の波は、映像カメラなどにもあるように、一層緻密微細さを増しているのには、目を(耳を)奪われるばかり。

またスピーカーは基本的構造がほとんど変わっていないのに、音がじつに繊細明快フラットになったことが不思議。

そうした変化をみずから興した新進メーカーの名前も、いまや耳に目になじんでしまいました。

私などは好む音と同時に音楽観まで変わったということもあり、そのことを大事に聴いています。